ささない鍼(てい鍼)あれこれ。

知り合いの鍼灸師が、最近購入したささない鍼(てい鍼)で施術をすると患者さんからの評判が良いみたいです。

と言うことで、この鍼で施術されると、どんな感じになるのか知りたくなったようで、ささない鍼を持って来られました。

0451

写真の下の方の鍼が、私が普段使っている鍼(小児にはもっと細い鍼を使います)ですが、それと比べてみると、とても大きくて太いのが分かると思います。

素材は私のは銅ですが、チタンでできています。

大きさや形状、素材も全く違うので、どんな感じになるのか私もわくわくしながら、早速始めていくことにします。

 

普段は右利きの私ですが、鍼をする時はなぜか左利きになるので、左手に鍼を持ち右手でツボの反応を診ていきます。

 

右手がツボに当たると、あら、びっくり。

流れが良いところは鍼を持っている左手にまでとても分かりやすく伝わってきます。

当然、流れが悪くて嫌な感じがするところもツボに当てた右手から鍼を持っている左手の方まで分かりやすく伝わってきます。

 

実際にツボに鍼をしていくと、普段私が使う小さくて細い鍼は針穴に糸を通すくらいの感覚でツボをとらえないといけないのに対して、この太い鍼はそこまで神経を使わなくてもツボに当たるので、楽チン楽チンなんて思っていると、小さいおちょこに大きなバケツを使って水を入れるような感覚でいないと、鍼を当てている時間を間違えてダッーと気が抜けていってしまいます。

 

慣れればちょうどいいところを見つけ出して、ひょいひょいと出来るのかもしれないけれど、最初は公園にあるシーソーの上に立って地面とシーソーを平行に保つくらいに難しい…。

 

いつもとは勝手が違ったものの、知り合いの鍼灸師は鍼を受けながら、なるほどこのささない鍼はこんな感じなのねと受け手側としても理解されたようでしたし、私もささない鍼と一言で言っても、いろんな種類がありそれぞれに個性があって、使う鍼によって、する側も受ける側も感じ方がずいぶんと違ってくることを改めて知るいい機会になりました。

 

これを機に新しい鍼探しでも始めようかな。

私は銅という素材は気の流れが身体に優しく入っていく感覚で、それがとても好きなので、素材は銅で決まり。

後はどんな形にするかですね。

堂々巡りにならなければいいのだけれど…

 

銅だけに。

 

 

奈良県生駒市東松ヶ丘2-5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top