よもぎ蒸しで血の不足を補うと良いことがいっぱい!

寒いのが苦手で、冬のこの時期が早く過ぎて暖かい春が待ち遠しいと思う人。

すぐに疲れてしまう人。

体が冷えやすい人。

そんな方は血流が悪かったり、血が不足しているかもしれません。

 

それを解決する方法の1つとしてよもぎ蒸しがあります。

その理由として、よもぎには縮こまった血管をぐぐっと拡張させる作用があり、血流改善・冷え性緩和に役立つと言われているからです。

 

では、よもぎに含まれる成分を個別にみていくことに。

 

まずはシネオール。

これは血流を促進する作用があります。

そしてこのシオネールが放つ香りは、副交感神経を目覚めさせて身体をリラックスした状態へと促してくれます。

普段ストレスを感じている人は、交感神経を落ち着かせることで自律神経のバランスが整い、このことからも血流の改善が期待できます。
さらに、筋肉や内臓、手先足先までしっかりと血が巡るようになることで代謝の向上も期待できます。

代謝が上がることで、老廃物の排出(デトックス)効果、ダイエットにもつながります。

 

次はクロロフィル・有機ゲルマニウム・鉄分。

これらは不足している血をせっせと作る働きをしてくれます。

不足している血をどんどん補ってくれます。

血が増えると酸素量も上がるので、疲れにくくなります!

 

そして最後は、タンニン。

このタンニンは余分な活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用があります。

 

排卵時期に過剰な活性酸素があると卵の質の低下につながり排卵障害を引き起こす可能性もあると言われています。

卵子若返りで注目のミトコンドリアは活性酸素がないと活性化しないようですが、活性酸素が多すぎてもミトコンドリアには悪影響を与えるようです。

 

タンニンは、ワインに多く含まれていることで知られていますが、よもぎにも含まれているんです。

ただ、よもぎの中でもタンニンが多く含まれているものとそうでないものがあるそうで(よもぎ職人によると)、当院ではタンニンが多く含まれているものを使っています。

 

 

よもぎ蒸しをすると、これらの成分を全身で吸収することができます。

 

季節は冬でも心は春に、よもぎ蒸し。

 

 

奈良県生駒市東松ヶ丘2-5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top