不妊で通われていた方のお話。その2

不妊で通われていた方のお話。その1の続きです。

 

<当院の方針>
よもぎ蒸しとささない鍼を基本に週1回のペースでしていくことにしました。

ただし、生理の時と高温期(妊娠の可能性がある時)はよもぎ蒸しは止めておいて、ささない鍼と お灸で体質改善を図っていくことにします。

週1回のペースは、無理なく自然に身体を改善するのにとても効率が良いと考えているので、当院ではほとんどの方が週1回で来られています。(鍼灸のみの場合も)

 

目的は、身体の冷えが気になるので血流を良くして冷えを改善していくこと、それと精子に対しての抗体も改善していくこと。

この抗体がある場合は免疫性不妊と言われ、西洋医学では免疫力を抑える方向で考えられたりしますが、 東洋医学では免疫はアレルギー体質ととらえて、「気」「血」「水」のバランスを良くしていくことで根本的な 体質を改善して抗体の症状を治していきます。

患者さんの場合は特に「水」の流れが気になったので「気」「血」「水」の「水」に着目してささない鍼やお灸をしていくことにしました。

ささない鍼やお灸をするツボは、その日の脈やお腹の状態から判断していきます。

 

東洋医学では、ある1つの症状に対しても常に身体全体のバランスを考えて根本的な改善を目指していきます。
不妊に対しても同じです。
このことは、妊娠がゴールではなく無事に出産できる身体作りにもつながります。

これはとても重要なことです。

 

つづく
奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103
こも池鍼灸院
TEL  0743-73-8177

 

 

page top