不妊治療の実際。前編

初診

 

子どもが欲しいけれどなかなか授からないので、気になる冷えを改善しようとよもぎ蒸しをしに来られました。

普段から体の冷えを感じていて汗もあまりかかないとのことでしたが、30分のよもぎ蒸しで流れ落ちるくらいに汗が出て、よもぎ蒸しをした後は体がとても軽く感じられたようでした。

また、どうしたら妊娠できるのか、そのことばかりを考えてもやもやしていた頭の中も空気が入れ替わったように軽くなり、初めてのよもぎ蒸しのBefore/afterの変化は大きかったようです。

 

2回目の施術

この日は排卵後になる可能性が高かったので、よもぎ蒸しはしないで鍼灸をすることにしました。

刺される鍼は痛そうで抵抗があったようですが、ささない鍼なら痛くないから大丈夫かな、という流れもあり、ささない鍼施術を行いました。

 

鍼をした場所は、足にあるツボ2ヶ所と背中に3ヶ所、手首のツボ1つ(陽池)

あとはさささっと流す程度に数ヶ所。

施術後の感想は、何をされているのか分からない間に終わったとのことでした。

しかし、身体はちゃんと変化していて、血の巡りが良くなって首・肩から肩甲骨あたりのコリが緩み、身体も温かくなっていました。

 

3回目の施術

排卵後だったので、よもぎ蒸しはやめて前回同様に鍼灸のみにしました。

*当院では、妊娠の可能性がある初期は、よもぎ蒸しの熱が受精卵には良くないと言われていることからこの時期のよもぎ蒸しはお勧めしていません。

妊娠12週目以降は病院で許可をもらった上で行っています。

 

使うツボに変化なし。身体の冷えは改善方向へ。

 

4回目の施術

生理も終わり、よもぎ蒸しとはりをしました。

前回のよもぎ蒸しは30分でしたが今回は前よりも汗が早く出てきたので25分で終わりにしました。

血流が良くなってくると汗の出かたも変わってきます!

 

後編へつづく

 

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

page top