不妊治療の実際。番外編

以前、「胎児の世界」という本を読んだ時に、卵子と精子が受精・着床してから12週間はものすごい速さで成長を続け、その姿かたちはセキツイ動物の進化のように魚類から両生類、はちゅう類を経て人の形へと、まさに数億年の歴史を一気に駆け上がるかのようだと書いてありました。

 

また、別の本を読んだ時には、12週目までにお腹の中のあかちゃんは手・足や頭、ほとんどの臓器がつくられ、人としてほぼ完成していると書いてあるのを読んで、なるほど、だから12週目以降になると流産の確率がぐんと減ると言われているのかと思ったことがありました。

 

しかし、まずは妊娠しないことには始まらない。

病院に行き、まずはタイミング+薬。

次のステップは、AIH+薬+注射。

さらにステップアップして、IVF+薬+注射+α

できればここに +鍼灸 も入れて欲しい。

 

なぜなら、日本産婦人科学会の2016年の報告によると

採卵あたりの妊娠率 7.2%

妊娠あたりの流産率 26.7%

移植あたりの生産(出産)率 14%

ここ数年の目覚ましい技術革新があっても、%は横ばいのようです。

 

%の横ばいは、いくら高度で先鋭的な技術を用いても、土台となる身体がそれをしっかりと受け止める(受け入れられる)ようになっていないからなのでは??

 

+鍼灸で『妊』気を養い、身体の土台をしっかりとつくることで妊娠する確率は上がります。

もし、三陰交のツボを指で触ってみて、

三陰交

ペコンと凹むようなら『妊』気は下降ぎみのサインです。

そんな方には、特に +鍼灸 をおススメします!

1DSC028491①

西洋医学が諸刃の剣にならないように、 +鍼灸 !

 

 

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

page top