妊娠とは名のない色をつくるようなもの?!

青色と黄色の絵の具を同じ割合で混ぜると緑色に。

青色と赤色なら紫色に。

白色と赤色と黄色を混ぜると肌色に。

と、なるわけだけれども、

妊娠するためにはどんな色が必要で、どんな色にしたらいいのだろうか??

 

おそらく、人によって違うんじゃないかな。

他の人と同じものを取り入れても、それで同じようにうまくいくとは限らないもの。

だから、悩んだり落ち込んだり、また悩んだり嫌になったり、でもやっぱり考え込んでしまったりしてしまうのかもしれない。

 

答えは、きっと、その人その人に合った名のない色なんだと思う。

 

妊娠するためには、この色にすればできますという標色なんてのはなくて、自分だけの名のない色をつくるという考え方がちょうどいいんじゃないかな。

 

なんで色の話を書いたのかというと、東洋医学では、青・赤・黄・白・黒という五色というのがあって、それはそれぞれ肝・心・脾・肺・腎という五臓とつながっていて、例えば肺(呼吸器や皮膚)が弱い人は、肌の色が白い傾向にあったり、怒り心頭している人は、心が高ぶっていて顔が赤くなっていたりというところから、妊娠する人はどんな色をしているのだろうと考えてみたら、人それぞれ違って、それぞれの色を持っているように見えたので、今日はその流れで書いてみました。

 

目指すのは、自分にしかできない名のない色!といった感じですね。

 

そして、名のない色をつくりだすためのパレットは自分自身の身体。

いろんな色を混ぜ合わせることができるように、しっかりとしたパレットを準備することも大事だし、今はまだ描かれていない真っ白なキャンパスには、あかちゃんをぎゅっと抱きしめている姿を忘れずにイメージしておいてくださいね 。

 

ゴールは妊娠ではなくて、出産なんだから。

 

 

奈良県生駒市東松ヶ丘2-5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top