当院の鍼はこんな症状にも適応します(HSP)

昔、お腹があまりにも痛くなって、これはもうどうにもこうにもならんと思い病院へ行って症状を伝えると、これは○○だから注射をしましょうと言われて、おしりにぶすっと打たれたら、今度はお腹の痛みよりおしりの方が痛くて痛くて・・・

ここでおしりが痛いと言うと、今度は別のところに刺されたら嫌なので、もう何も言わずに帰ってきました。

(昔あった話を書いているだけで、刺す鍼を使っている治療院の例え話をしているわけでは、けっしてありません)

このようなに痛みの原因がハッキリとしているとまだましなのですが、そんな単純なことでは収まらないこともあります。

 

 

色んなところで、色んな人から知らないうちにもらっている不穏な「気」。

それは、時にはじわじわと攻めてくることもあります。

また、いきなりドーンと襲ってくることもあります。

どちらにしても、体は全く良い反応はせず、目まいや立ちくらみ、息苦しさなどの症状が出てきてしんどくなります。

何もしてなくてもしんどくなることもあります。

 

もしかすると他の人は平気でも、何故だか分からないけれど自分だけがよく体調不良になるのは、感度が良すぎるからかもしれません。

これをHighly Sensitive Person 略してHSPと言われています。

日本語で言うと、高感度気質や敏感で繊細な人です。

HSPというものは、まだ広く一般的には知られていないかもしれませんが、実は5人に1人はHSP気質だとも言われています。

 

ついさっきまで心はとても清々しい気持ちで、例えるなら秋晴れって感じだったのに、いきなり墨汁を垂らしたように暗く重く冬の日本海にいるみたいになってしまってることとか、思い当たりませんか?

 

自分の本意ではなく他のものによって乱される体調を、当院の刺さない鍼で自分が本来持っている「気」を高めて、いらない余計な悪い気からの抵抗力をつけることが出来ます。

 

自分の持っている「気」が意図せず他の誰かの他の何かの感情にすり替わってしまう(覆われてしまう)ことを防いでいくことが当院の刺さない鍼なら可能です。

まぁ、こうして書くと何だかうさんくさい感じもしなくはないですが…

 

けれども、実際に鍼をすることで原因が分からなかった変な体調不良が減ります。

 

 

変な体調不良を感じる方、当院の刺さない鍼治療で改善していきませんか!

長年悩み続けた原因不明の体調不良から解放されましょう。

 

奈良県生駒市東松ケ丘2ー5 有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL 0743‐73‐8177

 

 

page top