昨日の体質改善について

昨日書いた『記念日』の最後に体質改善にも触れましたが、あまりにもあっさりとし過ぎていたので、今日はもう少し体質改善について書いてみます。

 

久しぶりに再会した小学校の同級生。

大人になってから仕事や家庭環境からストレスを感じることが多くなり、身体が思うように動かず調子が悪い日々が続き、そうこうしているうちに気持ちが滅入ってきて、体も心も絶不調になり病院に行くとうつと診断され、それからは薬を服用してなんとか生活しているとのことでした。

 

できれば、薬のない生活を送りたいと思い、近くの鍼灸整骨院へ行き色々とやってもらうと、その時は少しましになったような気はするけれど、すぐに元に戻ってしまうようでした。

 

なぜ鍼灸整骨院に行っても良くならないのだろう??

 

考えを巡らせていると、ある出来事を思い出しました。

昔、小学校の高学年の頃に、その友人とあぜ道を自転車で走ってた時のこと、前を走っていた友人が水溜まりを避けようとした際に、バランスを崩して深さ2メートルくらいある用水路に落ちてしまいました。

服はびしょ濡れになりましたが、幸い体の方は骨折もなく擦り傷で済んだので良かった良かったということで当時は終わりました。

 

しかし、用水路に落ちた際の自転車の速度や頭から落ちていったことを改めて思い返してみると、転落した衝撃で首にかなりの負担がかかり、そのことで血の巡りが滞っているのではないかと考えました。

そこで、私はうっ血(患部の損傷の修復をしようとして血液を送り込むのですが、その血液がうまく回収されず滞った状態)を取り除くような鍼をすることにしました。

 

するとどうでしょう??

ずいぶんと身体が楽になったようです!

 

これはうつ症状とは一見関係ないように見えますが身体は1つ。

身体の不調は先天性のものに加えて、後から経験したことが影響を及ぼすことがよくあります。

何十年も前のことも影響することがあります。

 

今回のように過去の出来事を思い出して、長年放置されていたものに対して処置することで、身体の調子が良くなることがあります。

 

当院は根本的な原因に着目し、そして身体の冷えを取り除き、持続性のある身体へと導いていきます。

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top