知り合いの方のご紹介で来院された方のお話。その2

知り合いの方のご紹介で来院された方のお話。その1の続きです。


 

採卵に向けて準備をしていきますが、病院で処方された薬の副作用が強く出る傾向に
あるようで、体の不調を鍼灸で和らげながら、なんとか採卵までこぎつけたといった
感じでした。

 

採卵は出来ましたが、途中で成長が止まってしまい凍結は出来ませんでした。

 

1か月空けて、再度採卵の準備に入りますが、採卵のための薬の副作用が強く出て、
体が常に重だるくてしんどい状態になり、そのことで当院へもなかなか思うように来
れない状態でした。

結局、身体の状態が良くならないので2回目の採卵は中止となりました。

 

薬の副作用で体調を崩してしまうことから、このまま採卵を続けることは止めて、

以前に凍結してある卵を 移植する方向に変更しました。

 

しかし、移植の準備段階でまたしても薬の副作用が強く出てしまい、次第に寝込む日
が続き、体調が優れず移植は延期、それに合わせて当院での治療もお休みになりまし
た。

 

数ヶ月の休養を経て、再度移植に向けて身体を整えていきます。

休養期間中にこれからのことを色々と考えられ、今回の移植の結果がもしダメだった
としても不妊治療はもう終わりにして、他の選択肢を考えていくということでした。

 

今回の移植は、今までの10年間の思いも詰まった最後の移植になるので後悔だけはし
たくない、そんなことも話されていました。

私の思いも一緒です。

患者さんが生まれてくるお子さんをぎゅっと抱きしめるイメージを常に持ちながら、ささない
鍼をツボにかざしていきます。

 

そして神社に行って、気持ちばかりのお賽銭をちゃりんと入れて、二礼二拍手、奇跡
を起こしてと心でつぶやき、そして一礼。

 

 

移植の方法として、今回初めてシート法で行うということで、それに合わせて鍼灸と
よもぎ蒸しもしていきました。

 

1日  よもぎ蒸しとはり

4日  鍼灸

7日  シート法

9日 午前  鍼灸

午後   移植

12日  鍼灸

21日  判定日

 

 

つづく

 

 

奈良県生駒市東松ヶ丘2-5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL   0743-73-8177

page top