精子の力。

先日、NHKで『精子力 クライシス』という番組が放送されていましたが、観た方もいるのではないでしょうか。

この番組では、『精子力』とは、新しい命を育む力と定義づけされていました。

しかし、近年この新しい命を育む力が減少傾向にあるそうです。

 

具体的には、精子の数の減少、運動率の低下、DNAの損傷が挙げられていました。

主な原因として、運動不足、喫煙、長時間座り過ぎ、過度のアルコール・カフェインの摂取、ストレスなどで活性酸素が増加してしまい、それが酸化ストレスになり、男性ホルモンのテストステロンの分泌がうまくできなくなって精子力低下がおこるようです。

また、睡眠不足(6時間半未満)が続くと精子の数が2割ほど減ってしまうようです。

 

しかし改善の余地もあり!

精子は74日サイクルで生まれ変わるので、軽い運動、禁欲しない、亜鉛の摂取、食事は魚をメインに(番組では言っていませんでしたが、魚は汚染されている場合もあるのでサプリで摂ることも選択肢としてありだと思います)生活習慣の見直しをすると、精子力は改善されていくようです。

 

鍼灸師の立場からすると、これらに加えて、はりやお灸を取り入れるとさらに改善が見込まれると思います。以前に妊活男子とお灸というタイトルでBlogに載せています。

家でお灸を続けてしていると運動率が上がったという話を聞きます。

数値が改善したと嬉しそうに検査結果を見せてくれる方もおられます。

 

ちょっとした努力と考え方・ものの見方を少し変えてみると、今より妊娠しやすい環境に変化していくはずです。

 

精子力とは、新しい命を育む力。それはすなわち妊娠力。

受精、着床、妊娠継続は卵子や子宮の状態など女性側の身体も大切ですが、精子の状態、男性側も同じくらいに大切だと改めて思いました。

 

 

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top