月別アーカイブ: 2014年11月

膝の痛みを緩和させてくれるツボにお灸(不眠症にも効果あり)

膝の症状は、老化現象なんてよく言われますけど、だからと言って諦めてはいけませんよ。
放置しておくと、膝の痛みは進行するにつれて腫れや、変形、さらに熱を伴ったり、屈伸動作などが出来なくなるなどの運動障害などをきたします。
出来れば、痛みだけの時に症状を改善してくださいね。
痛みの原因は、生活内容(食事や仕事など)によるものか、外傷によるものかに分かれますが、どちらにしても身体の冷えを解消することで、膝の症状も改善されていきます。
また、身体の冷えが強いと痛みも強くなることが多いです。

では、どのツボを使って膝の痛みをとるかと言うと、ここです。

0261

失眠ってツボです。

痛む方のかかとに3壮くらいすえて、膝のようすをみてみてください。まだ、変わらなければ2壮ほど追加してみてくださいね。
できれば、両方のかかとにすえるのがいいと思います。
なぜなら、片方の膝が痛んでいるともう片方の膝が無理をしていて、いずれ痛みが出てくる可能性がありますから、そこは先手を打っておきましょう。

さらにこのツボは、夜なかなか寝れない方にも、睡眠を誘ってくれるおすすめのツボです。
注:膝に熱を持っている時は、やめておきましょう。かえって悪化させてしまいます。
また、15歳前後の男の子の膝の痛みは、違った原因の可能性がありますので、その場合は一度病院で診てもらってください。

 

風邪予防に効果的なツボにお灸

寒い日が続くと、体調管理をしっかりしないと、体がブルッとふるえて寒気が走り風邪引いちゃいますから、暖かい服装や温かい食事で乗り切りましょう。
それでも、ちょっと不安な方は、

ここ(大椎)にお灸をするのがいいですよ。

0201_edited-1
背中に産毛が多い人も、風邪を引きやすいタイプなのでそんな方にもおすすめです。
お灸を続けていると、不思議なことに背中の産毛もなくなってきますよ。
大椎の探し方は、首を下にして、後頭部の方から下に指を下ろしていくと首の付け根辺りにぽっこりとした骨に当たります。
そのちょっと上の凹んだところです。

風邪予防には、大椎のお灸が効果的です。
せんねん灸みたいな台座の付いたお灸ならご自身でもすえることができると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。
肩こりにも効果ありますよ。

あなたの食べたもので・・・

突然ですが、今生きてますよね。
やる気で満ち溢れている人もそうでない人も、ストレスいっぱいで今にも爆発しそうな人もまだ少しは余裕がある人も、いちいち悩んでる自分に嫌気が差してる人もそうでない人も、

みんな「先天の気」を腎臓に蓄えて、この世に産まれてきたんです。

この「先天の気」とは、父ちゃんと母ちゃんの精で、母ちゃんの体内でしっかり大切に育てられた気のことで、この先天の気をベースに、後天の気(飲食物の摂取)補充しながら、今生きてるんです。

先天の気には、個人差があります。大きくて強い人もいれば逆の人もいます。
大きくて強ければ、健康で長生きしそうですが、飲食物をしっかり補充しないと先天の気が弱ってきて、病気になったり、怪我をしたりしてしまいますし、先天の気が小さく弱くても毎日しっかりと飲食物を摂取していれば、健康で長生きできたりします。

最終的には、先天の気がなくなり生命を維持出来なくなるんですが、今をよりよく生きるためには、後天の気(食べ物)はすごく重要なんです。
食べたものが、自分の血となり肉となり、そして忘れちゃならないのが、

次の生まれてくる赤ちゃんの先天の気になるということなんです。

食事は、できるだけ毎日同じ時間に食べるように心がけて。そして、味付けは濃すぎず辛すぎず、ほどほどに。バランスのいい食材で。
未来につながる先天の気のためにも、食事にも少し気をくばってくださいね。
以上、食べ物は大事なんです、その訳はでした。

そうは言っても食欲があまりない方や体調を崩しやすい方は、気を整える鍼治療が効果的ですよ。

page top