月別アーカイブ: 2015年7月

不妊でお悩みの方

まずは、体を動かすこと(ウォーキングなど)を始めてみてはいかがですか。

その理由はですね、適度に体を動かすことで、血の巡りが良くなり代謝も上がることはもちろんのことですが、それだけではないんです。

骨盤まわりの筋肉を動かすことで、骨盤が正しい位置に矯正されて内臓が引き上げられるため、卵巣や子宮の血流が増加すると言われています。

もう1つは、深い呼吸をすることで、横隔膜をしっかり使うことができて、これもまた、内臓引き上げに一役買います。

ですので、体を動かすこと(ウォーキングなど)はお勧めですよ。

ぜひ、骨盤の動きと深い呼吸をして横隔膜にも意識してみてくださいね。

卵巣や子宮への血の巡りが良くなり、質のいい卵が育つ環境に変化していきますよ。

 

 

亜鉛の鍼

最近、亜鉛でできた刺さない鍼を使ってみました。

亜鉛はすごく柔らかい材質なので、亜鉛の鍼を触るとすぐに曲がってしまい、鍼がぐにゃぐにゃになってしまうので、今まであまり使うことがなかったんですが、使ってみるとこれが不思議なんですね。

何が不思議かって、この鍼をあるツボに当てるとその人の好きな食べ物が分かるんです。なんで、分かっちゃうのかは謎ですが、かなりの高確率で当たります。ほんと不思議です。

 

こんなことより、身体を治すことが大事ですよね。

治療方法も常に最善の方法を考えてやっていますので、安心してお受けください。最小限の刺激で最大限の効果を発揮できるように、取り組んでいます。

あなたの症状を改善できるツボを必ず見つけ出します。同じ症状でも、人それぞれ使うツボは違います。あなたの体の状態にあったツボにアプローチすることで、症状の改善のスピードが違いますよ。

 

ツボの探し方。

ツボは、いつも同じ場所にあるとは限りませんよ。

日によって、また体調によって移動したりするんですね。

例えば、太白というツボは

大都・太白

ココですと本には載ってあります。

けど、このツボは足の裏の方へ移動したりするので、ツボ本に載っている基本の場所とは全然違う場所にあったりするんです。なので、ツボ本に載っている場所に鍼をしても効果が薄い時も出てきたりするんです。

じゃあ、どうやってこのツボを探すのかですが、これは手のひらや指を患者さんの皮膚の上にかざしていくと吸い込まれる感覚になるところや指がびりびりしてくるところが出てくるんですね。こうして見つけ出したツボが、本当の生きたツボなんです。本に載っている場所はあくまでも指標であり、絶対ではないんです。

大切なのは生きたツボに鍼をすること!これが身体の改善には不可欠だと思います。

 

もし、ご自宅でせんねん灸をされる場合は、本に載っている場所を目安に、まずはしてみてください。お灸は熱による効果が大きいので、少しくらいツボの場所がずれていても、熱は伝わって行きますので、あまり神経質にならなくてもいいかと思います。

 

page top