月別アーカイブ: 2015年8月

妊娠の確立を上げる

最近は、朝夕涼しくなり、だいぶ過ごしやすくなりましたね。

くれぐれも寝冷えには、注意してくださいね。

 

さて、

アメリカのコネチカット州にある健康調査チーム「C-HIT」が、鍼治療を行うことにより妊娠の確立が上がる可能性があると発表しました。

その記事には、160人の不妊治療を実施した女性の内、鍼治療を実施しなかったグループより、鍼治療を実施したグループの方が妊娠率が高かったと記載されています。

その理由として、気、つまり身体を流れるエネルギーのバランスを整えることで、自身の体の治療メカニズム(自己免疫力)を刺激すると言われています。

また、鍼治療を行うことにより、月経周期を管理し、排卵を誘発し、ストレスを減らして骨盤内と子宮内膜の血流を改善することも挙げられています。

 

不妊でお悩みの方、鍼灸治療で妊娠率を高めてみてはどうですか!

何千年も前から伝わる伝統的な医学(鍼灸)を受けることで、自身のベースアップがはかられて、妊娠・出産という道が作られていくと思いますよ。

 

 

 

血の巡り=卵の質!

子宝を希望される方は、血の巡りを改善することで、質の良い卵胞が育つ環境に変えていくことができますよ。質の良い卵はしっかり着床してくれます!

 

そもそも、なぜ卵が育つのか?

それは、脳下垂体から、FSHホルモン(卵胞刺激ホルモン)が分泌されて、そのホルモンが血流に乗って卵巣に運ばれます。

運ばれたFSHホルモンにより、卵巣から卵胞ホルモンが出て、卵胞が育ちます。

 

と、言うことは・・・

血の巡りを良くしてあげることで、、酸素もいっぱい、FSHホルモンもいっぱい新鮮なものが卵巣に届けられます。新鮮な酸素やホルモンがいっぱい届けられた卵巣は、卵巣の充実度が上がります。

その結果、質の良い卵を作ることができるようになります。

 

当院では、鍼灸やよもぎ蒸しを使って、血の巡り(骨盤内の血流も)を良くして、新鮮な酸素とホルモンをいっぱい卵巣に届けることで、質の良い卵が育つ環境にしていきます。

お盆休み

世間がお盆休み中も、当院は休まずに診療していました。

予約が入らない日があれば、休診にしようと密かに思っていたりしたのですが、ありがたいことに毎日そこそこ患者さんが来てくださいました。

来てくださった患者さんの中には、刺さない鍼で治るの??と半信半疑の方もおられましたが、治療後は、刺さなくても体が改善することを実感されてました。とても不思議がっていましたけどね。

また、よもぎ蒸しをされにきた方は、外は太陽がさんさんと降り注ぎ暑いけれど、実は体の中は冷えていることに薄々感じていたみたいで来院されました。よもぎ蒸しの香りとエキスを体いっぱいに吸収されたみたいで、体の内側からよみがえったみたいとおっしゃっていました。

そんなこんなで、お盆も終わりました。

 

 

 

page top