月別アーカイブ: 2015年9月

子宮に響くツボ!?

当院は、基本的に刺さない鍼で治療しております。

その、刺さない鍼を患者さんの身体に鍼を当てると(実際には皮膚に当たる数ミリ手前で鍼を止めているので、皮膚には当たっていないんですけどね)、いろいろなリアクションが返ってくるんですね。

どんなリアクションかと言うと、身体の中を血が巡っていくのが分かる方やびりびりと不思議な感じを受ける方や鍼が皮膚に入って行くような感覚などなど・・・。また、東洋医学をかなり勉強されている方は、〇〇の経絡に響くなんておっしゃる方もおられてりしますが、、、うーん、マニアックすぎる・・・

けど、多くの方は、何も感じないみたいです。

感じても感じなくても治療効果は同じですので、特に何も感じなくても気にされなくてもいいと思います。

感じようと変に意識すると、余計に感じなくなったりしますので、リラックスして受けていただくのが治療効果が一番高いので、自然体で受けられるのが良いかと思います。

 

前振りが長くなりました。そろそろ本題へ

最近、このツボはかなり使える!というツボを発見!?

このツボに鍼を当てるとあら不思議。

このツボの場所は首にあるんですけど、ここに鍼を当てると子宮周辺の気・血の流れが良くなるみたいです。不思議とここに鍼を当てた時だけ、それが分かる方がおられたりします。しかし、何度も書いちゃってますが分からなくても大丈夫です。

 

首に鍼を当てると子宮に響くなんて、とても不思議ですけど、これが東洋医学のなせる技ですね!と言いたいところですが、

視床下部から脳下垂体を伝わって子宮や卵巣に流れるホルモンの分泌や血の流れを良くするポイントが生理学的にあるような気がします。

どちらにしても、子宮や卵巣に血流に乗ってたっぷりとホルモンが届いてくれることはうれしいことですよね!それに、骨盤内の血の巡りも良くなることで冷えも解消されますよ。

 

このツボ、不妊症の方にはかなり効果的なツボである感じがします!

 

 

 

 

当院の不妊鍼灸。

ここ2、3日良い天気でしたが、今日からまた雨模様ですね。連休はまた台風が来るみたいですね。被害がなければいいのですが・・・

 

さて本題へ

赤ちゃんを授かるのは、先が見えないマラソンをしているようだ、と言われたりしますが、先が見えないからこそ、目の前の一歩一歩を大切にしてくださいね。

 

もし、

一歩を踏み出す元気がなかなか出てこないって方は、鍼灸の力であなたの背中をそっと押してあげることが出来ると思います。

ゴールがどこなのか、どこに歩いていけばいいのか分からずに迷っている方には、道案内が出来ると思います。

あなただけでは、消化しきれなくなった問題には、解決の糸口を見つけ出すきっかけ作りが出来ると思います。

 

 

一歩一歩。

たまには、休憩も。

そして、また進んでいけばいいと思います。

 

一歩はすごく小さいかもしれないし、時には足踏みしているように感じることもあるかもしれないけれど、3ヵ月、6ヵ月、1年・・・一歩また一歩と歩んだ時間の軌跡は、ただ時間が流れているのではなく、あなたの身体が変化するために必要な時間だと思ってください。

3ヶ月で変わる人もいれば1年かかる人もいますが、必ずあなたの身体は変わります。

焦らなくても、大丈夫です。

不安や不満を溜め込んでいても、体にはいいことないですしね。

 

今のあなたの気持ちはどうですか?

考え事ばかりしていると、ストレスが溜まり、血の巡りが悪くなってしまいますよ。

焦ってばかりで、気持ちばかりが空回りしていると、うまくいく機会に巡り会えなかったりしてしまいますよ。

 

今のあなたの身体はどうですか?

普段から身体の冷えが気になる方は、血の巡りが悪いのかもしれません。血の巡りが悪いと、子宮や卵巣も冷えてしまい、卵が育ちにくくなっているかもしれません。

肩や首、肩甲骨の辺りが凝りやすい方も、血の巡りが良くないかもしれません。

疲れやすいと感じている方は、気が不足しているかもしれません。

 

 

妊娠には、身体と気持ちの両方がとても大事です。

鍼灸は、肉体的な疲れや精神的なストレスに、大変効果があります。

 

卵の質を上げるには、それらも含めて、身体全体を整えることが重要ですよ。

 

当院では、

あなたの体の外を流れる『気』と内を流れる『血』とそれをつなぐ『水』をうまく巡らせることに、重点を置いて治療していきます。そうすることで、身体は良くなっていきます。

身体のバランスを整えることは、質のよい卵が育つ環境にすることだけでなく、妊娠に耐えられる身体作りにもなります。

当院の施術を受けられると、気持ちが前向きになられる方がすごく多いです。これは、内面から気が充実してくるからだと思います。

東洋医学では、五志(気持ちや感情のこと)が調和されると、身体も良くなると考えられています。

気持ちが前向きになり、身体がうまく働き出すと・・・

その先には、妊娠・出産が待っていますよ。

 

鍼灸は、何千年も前から、赤ちゃんを欲しいと思う方の望みを叶えてきた大変素晴らしいものです。あなたも、体感してくださいね。

 

 

 

 

 

 

鍼のイメージは・・・

鍼治療のイメージはどんなものをお持ちですか?

鍼と言われて、まず思いつくのが注射針ですよね。そのイメージから過去の注射のことを思い出して、鍼は痛いものと記憶していたり、今でも恐怖心がどこかにあったりして、鍼で身体を改善させようという気がなかなか起こらないかもしれませんよね。

 

それでも、最近はテレビなんかで芸能人が鍼を受けている映像が流れたりしてますので、鍼の知名度は上がりつつあるんでしょうけど、このテレビ画面に映し出される絵が、鍼が顔や全身にいっぱい刺さっている絵が非常に多くて、これを見てまた引いてしまう方もいるのではないでしょうか。テレビ的にはいっぱい鍼が刺さった絵の方が、鍼治療してます!って感じが伝わりやすくていいんでしょうけど・・・

 

 

さてさて当院の鍼治療は、

当院では刺さない鍼を使うので、テレビで見るような鍼治療とは、かな~り違うものです。

下の写真の鍼が、当院で使用している刺さない鍼です。

hari

長さは5センチ前後と比較的短いものです。

このような鍼を身体のツボに当てて治療していくので、絵図ら的には地味過ぎるかも・・・

しかし、刺さないので、刺された時の痛みや刺される恐怖心からは解放されますよ。

 

そもそも鍼治療とは、有名な古典を読むと、鍼は元々は刺さないで治療すると書かれているんです。それが、時代が進むにつれて西洋医学がどっと押し寄せてきて、鍼治療も皮膚を突き破った方が効くのではないかという流れになったようです。(この辺りは諸説ありますので、あまり突っ込まないでください。)そして、今日では刺すのが一般的になっているんですね。

ちなみに、他人の皮膚を破ってもいいのは、医師と鍼灸師だけ。私は刺しませんけどね。

あっ、鍼灸師ですよ。無資格なので、刺せないのではないですよ。

 

話を戻すとですね、たぶん、多くの方がお持ちの鍼のイメージと、当院の鍼とでは、かなり違うと言うことなんです。

当院の鍼を受けられると鍼に対して、今よりも身近な存在になれると思いますし、鍼の不思議な力を全身で感じることが出来ると思いますよ。足に鍼を当てているのに肩の凝りがほぐれたり、内臓が温かく感じたりといったことがよくあります。

刺さない鍼の力を、ぜひ感じてみてくださいね。

身体の内面から改善していくことができますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

page top