月別アーカイブ: 2016年7月

いざ生駒山へ!?しかし向かった先は…

生駒山への登山計画(ちょっと大げさ!?)を考えている時に、国道らしからぬ国道が大阪から奈良にあるというのを知り、そこに行ってみることにしました。

 

まずは、生駒から電車で枚岡駅に行き、

枚岡神社でお参りをして、

IMG_40621

いざ目的の国道を目指します。

 

それが国道308です。

IMG_4068

IMG_4065

 

この道は、大阪と奈良を最短距離で結んでいるらしく、災害により電車やバスなどが止まった時の徒歩による避難ルートに指定されているようです。

 

しかし山越えを最短距離で結ぶということは、勾配もすごくて最大勾配がなんと31%もあります。

ちなみに、ダイハツのCMで綾野剛が運転している江島大橋のベタ踏み坂は勾配が6%です。

CMではとても急な坂道に見えますがそれでも6%ほどなので、勾配31%を前にするともはや壁です…

これが数キロ延々と続いています。(この激坂を求めて全国からチャリダーが来るようで、ヒルクライマーの聖地になっているみたいです。)

 

しかもここは勾配だけでなく、道幅も狭い…

なので、車のすれ違いはとても大変そう。

 

途中で、こんな言葉が書かれていました。

IMG_40701

 

確かに、意志があればこんなところにだって道が作れちゃいますね。妙に納得。

 

IMG_40731

もはや車のすれ違いどころか、車一台が通れるかも怪しい道幅…

これももちろん国道308です。

 

IMG_40751

何度も言いますが、国道です。

 

走り始めて35分ほどで、頂上に到着。

 

この道は、道100選にも選ばれているようです。

そりゃ、選ばれるでしょ!

IMG_40801

頂上が大阪と奈良の府県境。

 

 

今度は、急な坂道を生駒の方に駆け下りていくだけ。

途中で、こんな田園風景をみて少し癒されます。

IMG_40881

 

蒸し暑さと蚊の多さに苦しみましたが、無事に帰宅。

 

プチ非日常を味わえて、なかなかの充足感がありました。

 

ということで、生駒山登頂は次回に持ち越しです。

 

世間では…

昨日NHKを観ていたらトップニュースがポケモンGOでした。

それをみて初めてポケモンGOがどんなものか知りました。

世界的に流行っているそうで、みなさんスマホ片手に(中には両手にスマホの方も)夢中になって遊んでいるのをみて、私もいよいよ

 

かれこれ8年使っているこのガラケーから

IMG_40571

スマホに心が、

 

揺らがない…

何故だろう??

 

芸人 永野のネタ的に言うと

ポケモンGOより普通に本を読むのが好き~

てな、感じですかね。

 

そして今はまっているのが、この本。

IMG_40551

映画にもなりましたね。

この本を読んでいると、私も無性に山登りがしたくなりました。

 

今度、生駒山に登ってきます。

標高低すぎ??

スケールちっちゃすぎ!?

 

ちなみに、日本で一番低い山は大阪の天保山ですね。標高4.5mほどなので、あっという間に登れちゃいます。それでも山なので、ちゃんと登頂証明書もいただけますよ。

 

 

余談はさておき、このエヴェレストという本は、山に魅せられた人たちのお話ですが、私は鍼に魅せられた人と言ってもいいかもしれません。

鍼が生命に与える可能性は無限大です。

鍼をツボに当てるだけで体が良くなるのですから、とても不思議で魅力的です。

その鍼と私の感性が合わされば、いったいどれくらい患者さんにいい影響を与えることができるのか?

8000m級の山では通常は酸素ボンベが必要ですが、

もし鍼をツボに当てていたら酸素ボンベは、

やっぱり必要だと思いますけど、

普段の生活において、

苦しい時や困難なことにぶつかっている時には、

鍼をツボに当てることで、

現状から乗り越えることが出来ると思います。

 

鍼灸は、酸素ボンベのように最後の手段として取り入れられるケースがまだまだ多いですが、もっと早い段階から積極的に取り入れると体の状態が良くなるのが早いですよ。

 

ご縁

私のところの鍼灸院は、一人でひっそりとやっていることや基本的には患者さんと一対一でというスタンスをとっているので他の患者さんと被らないようにしていることは以前にも書きましたが、それゆえに1日に診れる患者さんが限られていて、せっかく連絡くださってもすでに予約が入っていたりして、現在は半分近くお断りしている状況です。

 

そんな中で思うのは、何度も連絡をくださってもご希望される時間がいつも埋まっていて、なかなか予約ができずに来てもらうことができない人もいれば、丁度その時間なら空いていますというピンポイントのところを希望されてすんなりと予約ができる方もおられます。

 

また、いろんな都合により前日や当日になって予約をキャンセルされる方もおられます。

(当院は、キャンセル料はいただいておりません。このことについては、また別の機会にでも書きたいと思います。)

 

そのたまたま出たキャンセルのところに、直前になって運よく予約ができる方もおられます。

キャンセルが出るその前までは、この時間はすでに予約が入っていてとお断りしていたのに…

それを思うと、このキャンセルは直前になって来る人のために!?なんて、何となく思っちゃう時もあります。

 

予約ということだけを切り取っても、実はそこにいろんな事があったりしてます。

 

 

 

 

page top