月別アーカイブ: 2017年5月

肝心なんです。(不妊編)

当院には、不妊で来られる方もいれば、生理不順で来られる方もおられます。

自力で生理をおこせなかった人が、鍼灸をすることで薬に頼らずに生理が来た時にはとても喜ばれます。

 

けれども、不妊の方にとっては生理が来ると、ひどく落ち込んだり、憂鬱になったり、自暴自棄になったり精神状態が乱れてしまう方もおられると思います。

乱れの原因は、ストレスからくるものです。

そんなことは頭では理解しているけど、だからといって溢れてくる感情はどうしようもないですよね。

けれども、この乱れがとても小さく一時的なものであればまだいいのだけれども、そうじゃない場合には「肝」というところをむしばんでいくんです。

 

「肝」は血を作るというとても重要な役を任されているところです。

その「肝」がストレスという攻撃を受け続けていると、血を作る作業にも影響を与えます。

血は、酸素やホルモンなどいろんな栄養素を運んでくれているのに、血が充分に作られなくなると運搬にも影響を与えてしまいます。

 

それはいかん!どげんとせんといかん!

ということで、立ち上がるのが「肝」のお母さん「腎」です。

「腎」は、子供である「肝」を守るために、弱った「肝」を一生懸命に助けようとします。

しかし、大きなストレスや長引くストレスに母なる「腎」も次第に力がなくなってきてしまいます。

 

この「腎」、作強の官と言われていて、これは身体の大きな力を出す元になるところという意味です。

(もちろん、生殖能力にも影響してくるところ。)

そんなところまで弱ってくると…。

 

あなたの「肝」と「腎」は弱ってないですか??

不妊の解決策に、「肝」と「腎」はとてもかんじんなんです。

 

ささない鍼で、「肝」と「腎」の働きをより良くして妊娠・出産できる身体に変えていくことが出来ますよ。

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

施術料金の差は技術の差と思われても仕方がない!?

ふと、カキコ(かなり古い!?)という言葉を思い出しました。

 

施術料金の差は技術の差と思われても仕方がないのかもしれない…。

 

だって私も自分の体がどうしてもつらくて、もう自分ではなんとも出来なくなった時に、私のところより高い施術代のところを見ると(ほぼすべてのところが該当するのだけれども)、私のところとは違うもっと特別な何かをしてくれるんじゃないかと、一瞬期待してしまう自分がいるんです。

これはもしかすると、施術代が高い方が効きそうかなと思う気持ちが、人間の脳に書きこまれているのかもしれない…

けれども、人間の記憶を司る海馬帳をぺらぺらとめくっていくと・・・。

 

例えば、施術代が一回8000円くらいするところに通われていた方が、当院にかわられてくることもあるし、当院に通われていた方がもっと施術代が高いところに変わられたもののしばらくするとまた戻ってこられる方もおられるし、施術代の差は技術の差というのは本当のところはどうなんだろう??

 

おそらくページをぺらぺらとめくっていくと・・・

 

「施術料金の差は技術の差とは関係ないさ」と書いてあるページがあると思うのだけれども、あなたの海馬帳には書かれていますか?

もしまだ書き込みが見当たらないよという方は、当院にお越しいただいて「施術料金の差は技術の差とは関係ないさ」ということを体感していただき、ご自身の海馬帳にカキコしていただけるとありがたい。。

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

子宮内膜症にも、よもぎ蒸し!?

不妊の原因にもなってしまう子宮内膜症は、子宮内の血の流れが悪い状態が続くとなりやすいと言われています。血の流れが悪いということは、普段から体の冷えを感じている方も多いのではないでしょうか!?

 

病院では、手術をするか症状を抑えるために薬を使って生理がこないようにするといった方法が一般的なようですが、手術をしてもすぐに再発することも多く、また一時的に生理を止めて内膜の動きを抑制しても根本的な解決にはならないですよね。

そこで、よもぎ蒸しで子宮を温めて血流を良くして改善を図るのも一つの方法なのですが、鍼やお灸を使って内膜症を改善していくという方法も実はとても効果があるんです。

 

小さい頃に階段から落ちたとか、よく転ぶ子だったとか、自転車や車に乗っていてむち打ちのような衝撃を過去に受けたことがある人は、首から肩にかけての気の流れ、血の流れが悪くなっていて、そのことが原因で子宮内膜症になるといった考え方が東洋医学にはあります。(ご自身が記憶になくても赤ちゃんの頃にそのようなことがあったかもしれませんので、気になる方は親に聞かれてみてもいいかもしれません)

つまり、この首から肩にかけてのつまりを取り除くことで巡りが良くなり、体全体のバランスが整えられていき、子宮内膜症も改善されていきます。

 

手術で部分的に取り除く方法や生理を一時的に止めるといったことではなく、鍼灸治療は根本的な原因にアプローチして改善していくことができます。

また鍼灸治療と併せて、ご自宅でお灸をすることでも症状の改善につながりますので、当院ではお体の状態に合わせたツボの場所もお伝えしています。

 

子宮内膜症が治るまでには、これまでの経過した日数も関係してきますので、早くに治療を開始した方がいいですよね!

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top