月別アーカイブ: 2017年7月

チラシを作成中!

文章をすらすらと流れるように(内容はさておき)書ける時に、当院のチラシを作ろうとこれまたすらすらと書いたのだけれど、これを妻に見せるといろいろと修正が入りまして…。

例えば、

鍼と言えば痛いと連想される方もおられるでしょうが、鍼を刺さないで行う当院の治療は痛みとは縁がありません。

と、私がこのように書いた文章が、

こんな感じに。

「鍼=痛い」と思っていませんか!?

しかし、当院の鍼治療は全く痛くないです。

 

確かにすっきりしていて読みやすいけれど、その反面何だか物足りなさを感じてしまい、どのようにするかはまだ思案中。

 

そもそもなぜチラシを!?

それは、さかのぼること2カ月、当院が妊活雑誌にささない鍼で不妊を解決している鍼灸院として掲載されたのだけれども、このことで患者さんが大きく増えることもほとんどなかったので、今回チラシを作って近所に配って「こも池鍼灸院」をもっとアピール!ということを少し考えてみたものの、落ち着くところはこも池鍼灸院に少しでも興味を持ってもらった人に手にとってもらって当院の治療のやり方や考え方などを知ってもらえたらいいなという受動的な感じになると思います。

 

当院がどんな感じのところなのかを私が口で説明するよりも、1枚の紙にまとめてそれを読んでもらった方が何倍も分かりやすいものにしようと考えているものの、表現力に難ありの現状をまずは克服していかないと…。

さて、どんなチラシになるのかこうご期待!?

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

 

 

 

もっと身近に鍼灸を!

出産予定日を2週間後に控えた患者さんからこんな質問を。

「出産を目前に控えているけれど、鍼灸をしても大丈夫??」

 

患者さんの症状はと言うと、

上向きも横向きも、とにかくどんな向きでも体を横にすると、内臓が圧迫された感じがするし気道がふさがれた感じもして、不快感と息苦しさで夜ほとんど寝ることが出来ず、毎日ベッドで横になってみるもののしばらくするとしんどくなり、結局は椅子やソファに座ってうとうとするという日々が続いていて、それはそれはつらいということでした。

 

ベットで横になってちゃんと寝たいけれど、この時期に鍼灸をすることで、子宮口が開いてお産が早まったりしないか心配だったようですが、そのような心配はしなくても大丈夫です。

 

鍼灸は、何かを早めたり遅らせたりといったことをするのではなく、本来の姿へもっていくようにする働きがあります。

例えば、出産予定日を過ぎても赤ちゃんが下りてこない時に鍼灸をすると下りてくるようになります。

これは出産を早めているのではなく、本来の予定日に近づけようと体がしているだけなんでんです。(このような状況になる妊婦さんは体の冷えが強い傾向にあります。)

 

今回は出産まで2週間あります。この時期に鍼灸をするとお産の時期が早まることはなく、それよりも安産になる身体に変化していきます。

 

さて、この患者さん、鍼をするのにベットに横になるとすぐに息苦しくなったので、座った状態で鍼をして、もう一度横になってもらうと、あら不思議、苦しくない!

久しぶりにゆっくりと横になれると、とても喜んでおられました。

 

鍼灸は、宝山寺みそのように万能なんです。

おっと、かなりローカル!?…。

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

 

 

妊娠する人。

当院には、色々な症状の患者さんが来られます。

その中でも一番多いのが不妊です。

現在は、20代半ばから~40代半ばまでの方が通われています。

 

当院に通われて妊娠に至るまでの月数は、年齢に比例するわけではなく、個々の身体の状態がとても大きな割合を占めています。

その中でも、身体の血の巡りはとても大切です。

 

おへそ周りやおへその下、手や足先に冷えを感じることはないですか?

冷えを感じる人は、その冷えている場所を温めると冷えが少しましになります。

けれども、それは一時的に解消されるだけで、根本的な解決になっていないこともあります。

 

そんな時には鍼灸!

それよりも、よもぎ蒸しが先に出てくる人が多いのかもしれませんね。

 

よもぎ蒸しをすると、体の内側から温かさを感じられるようになります。

それに比べて鍼灸はと言うと…。

お灸は体を温めるというイメージが比較的しやすいでしょうが、果たして鍼はどうでしょうか??

 

実は鍼は、血の巡りを良くして冷えを取り除き、妊娠しやすい身体へと変えていくことができる、私からするとよもぎ蒸し以上に効果があると思っている妊活(温活)アイテムなんです。

 

しかし、鍼を体に当てるだけでどうして冷えがとれていくのか不思議に思われて、冷え解決アイテムとして出てこない人もいるかもしれませんね。

 

よもぎ蒸しをしていると汗をいっぱいかいて、それはそれは体がぽかぽかになってとても気持ちよくなります。

鍼は、よもぎ蒸しのように汗をいっぱいかかないけれど、時間が経つにつれて血流が良くなり、じわじわと体のぬくもりを感じることが出来ます。

そして妊娠できる身体に変化していきます。

 

ぜひ鍼灸も取り入れて、妊娠する人になってください。

(初診が昨年7月以前の方は、みなさん妊娠されました!)

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

 

 

 

 

page top