月別アーカイブ: 2017年9月

背中のサインをTシャツに!?

私は、鍼をする時に皮膚を目で見てツボを探すことはしないで、目を閉じて手の感覚を頼りにツボを探すことが多いのですが、患者さんの背中に手を当てた時に『色』を感じることがあります。

その『色』は、赤だったり青だったり、また赤でも明るい赤であったり暗い赤であったりさまざまなんです。

そして、その『色』が鍼をする場所のサインになっていたりもするのですが、最近になって分かったことがあります。

 

鍼灸治療の方法に、積聚(しゃくじゅ)治療というのがありまして、背中を5つに区分して上から順番に①肺・②心・③肝・④脾・⑤腎の東洋医学でいう五臓を割り当てます。

例えば、肝が弱っている肝陰虚の人には、⑤→②→・・・という順番に鍼をしていくと症状が改善されていくと言われています。

この五臓は5つの色でも表わすことができて、

①肺=白

②心=赤

③肝=青

④脾=黄

⑤腎=黒

となるわけなんですが、ここではたと気づいたんです。

 

私は色を感じて鍼をする場所を選んでいるけれど、患者さんの体のどこに鍼をしたのかカルテを見直してみると・・・。

積聚治療の法則に似ていることを発見!

 

前々から積聚治療のことは知っていたけれど、こんな形でつながるとは思ってもみなかった。

 

こんな話を妻にしたら、

パワーストーンならぬ、パワーTシャツでも作ったらと。

妻は、私のこの発見よりもアイデアグッズの発想の方に関心があるようでした…。

 

030

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

 

 

 

当院に通われていた患者さんの不妊治療を描いたものです。6

「1年後の夏」

春からの24時間点滴をつけての入院生活がしばらく続いた後は、家での絶対安静生活。

 

先の見えない焦りや苛立ち、不安に押しつぶされそうな気持ち
楽しいことよりつらいことの方が多かった日々
けれども、自分の子どもに見つめられた時
今までのことがすべて報われた瞬間

 

出産予定日より2週間早い出産だったにも関わらず、3100gを超えるお子さんだったそうです。

陽性反応の知らせを聞いた時
胎嚢確認の知らせを聞いた時
心拍確認の知らせを聞いた時
その時その時で、私もうれしく思う気持ちでいっぱいだけど、ゴールはおぎゃーと産まれてくるあかちゃんを抱くことなのだから、 いつも「良かったね!」という言葉をかけてきたけれど、無事に出産されたことを聞けて、初めて「おめでとうございます!!」
と言葉をかけることができました。

 

患者さんが一番好きな夏。その夏に出産されました。

そして数日後、病棟で患者さんのお子さんを見た、見ず知らずのおばさまから「あなた、妊娠中に何か気をつけてしていたでしょう」と声をかけられたそうです。

 

その時、患者さんは「鍼灸をしていました」と返事をされたそうです。

 

「完」

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

 

 

 

これは当院に通われていた患者さんの不妊治療を描いたものです。5(4の続き)

「1年後の春」

 

鍼灸をする時は、毎回脈を診てから始めます。

ある日いつものように脈を診ていると「あれ??」
いつもと違う印象を受けました。

 

私は脈を診た時に、昼ごはんに食べたものや夕食に何を作ろうとしているのかとか、いろいろと感じたりしますが、その1つにこの患者さんはもう来院されないなということを感じることがあります。
今回もそのように感じました。
しかし、患者さんは里帰りするまでは毎週来ますと言っていたのに、一体なぜだろう??
脈からは患者さんのお腹の中にいるあかちゃんが弱っているような感じはないし、なんだか腑に落ちないでいました。

 

そして翌週、患者さんから前回の病院での健診で子宮に6センチの筋腫があるということが分かったということを聞きました。

それからしばらくたったある日、筋腫が変性をおこして、お腹の強い痛みと張りによる切迫早産で緊急入院されました。
結果的に、これを最後に来院されることはありませんでした。

 

つづく

 

 

奈良県生駒市東松が丘2‐5有家マンション103

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

page top