カテゴリー別アーカイブ: 未分類

神社巡り

13日の日曜日は、三郷町にある龍田大社へ

view01[1]

 

本屋で立ち読みしていると、今年は『風』と縁がある年なので、風の神様が祭られているところに行くと良いでしょう、と書かれていたので龍田大社に行ってきました。

 

14日の祝日は、大神神社へ

これまた本屋で立ち読みしていると、全国にはたくさんの神社があるけれど、お参りするなら良い気が流れている神社に行くべき、と書かれていて、そこに8つの神社が載っていました。

伊勢神宮や出雲大社、那智大社、そして奈良の大神神社が載っていたので、早速日帰りで行ける大神大社へ行ってきました。

2231

 

どちらも情報源は本です。今どきはSNSなんでしょうが、私はまだまだアナログから抜け切れていません…。

今年は風を味方に付けて、時流に乗りたい!

 

 

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

母と子(妊婦さんとお腹のあかちゃん)

当院には、不妊の方だけでなく身体の調子がすぐれないので良くしたい!、と来院される方もおられます。

不妊の方は20~40代の方ですが、身体の調子がすぐれない方の場合は小さいお子さんからご年配の方まで幅広いのが特徴です。

その中での、思春期を迎えた中学生や高校生が来られることもあります。

たいてい、母親と一緒に来られるわけですが、そんな時によく思うのはまず親の身体を良くしてあげたいということです。

 

東洋医学の治療方法として、子が弱っている時は、まず親から治すというのがあります。

これは実際の親と子ではなく、体の一部分を親と子に見立てて身体を治していく方法ですが、実際の親と子の場合にも、この考え方が役に立つと思うことがしばしばあります。

子どもが疲れている時は、たいがい親も疲れていて気持ちも体力も余裕がない状態のことが多くあり、いくら子どもを良くしても親のマイナスの影響を受けてしまい、子どもの回復が思わしくないことがあります。

 

この前に来られて親子もまさにそうでした。

幸い、お母さんもささない針施術を受けられ、次の診療の時には親子ともに顔色がぱっと明るくなっていて良い変化が見られました。

 

実は、これは妊婦さんにも当てはまります。妊婦さんの場合も、すでに母と子の関係は成り立っていて、ささない針でお母さんの身体からストレス(つわりや腰痛、むくみや倦怠感など妊娠の時期によっていろいろと出てきます)を取り除くことで、お腹の中のあかちゃんはすくすくと育ちます。

 

妊婦さんの身体を整えることは、あかちゃんにもしっかりと栄養が届くことにもつながり、妊娠中に鍼灸を受けていると、生まれてきた子は風邪を引きにくい健康な子に育つとも言われています。

 

当院のささない針施術は、もちろん妊婦さんにも対応しています。

今では、1日の患者さんの半数が妊婦さんの時もありますよ。

妊婦さんにもぜひ受けていただきたい、ささない針施術。(安産にもつながります)

 

 

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

2018年当院の妊娠率

2018年 70.5%

(週1回のペースで3カ月以上通われた方が対象です。)

 

ある患者さんの実例から、鍼灸の強みを具体的に一つ。

体外受精を7.8回したけれど、いずれも着床しなかったので、当院に来られた方がいました。

当院に来られて3カ月後に凍結していた胚盤胞を移植。

しかし陰性。

その翌月に、今度は凍結していた初期胚を移植。

結果は陽性。

胚盤胞に比べて妊娠確率が低いと言われる初期胚、しかも今まで移植した中で一番グレードが低い受精卵にも関わらず妊娠。

この2年くらいの間に行った7.8回のグレードの良い受精卵による移植は、なぜ着床しなかったのだろう??

 

このような例は今までに何度もあり、今回の着床も単なる偶然ではないはずです。

こも池鍼灸院のささない(かざすだけ)針施術で、あなたも妊娠そして出産へ!

09_reserve

 

こも池鍼灸院

TEL  0743-73-8177

奈良県生駒市東松が丘2-5有家マンション103

page top