つわりの治し方

更新日:

つわりに鍼灸はよく効きます。

妊娠中も鍼灸を受けることができますで、つわりを我慢せずにご来院ください。

 

つわりは妊娠初期(4~13週)にでてきて、吐き気・嘔吐・胸やけ・喉の違和感・胃のむかつき・めまいなどの症状が特徴的です。

もともと胃腸の弱い方につわりがひどくなる傾向にあります。

なぜなら、妊娠すると胎児に栄養が行くように血が子宮内に向かいます。

血(肝)の気が盛んになることで、胃の働きが抑えられてしまい、つわりがおこります。

鍼灸で血(肝)の気を下げて、胃の働きを良くすると、つわり症状は緩和されていきます。

 

身体が弱っている方は、腎(身体のエナルギー)を補う施術も併せて行います。

 

妊娠中に起こるトラブルで最初に来るのが、つわりの方もおられると思います。

薬の使えない身体に鍼灸は、母体だけでなくお腹の中のあかちゃんにもいい影響を与えますので、ぜひ、鍼灸を取り入れて快適なマタニティライフを過ごしてくださいね!

診療項目

1

 鍼灸で妊娠・出産へ   step1鍼とお灸は身体への負担が少なめ。リラックスできる施術で妊娠力を養います  鍼灸は副作用がなく、妊娠力を養っていくことができます。 当院では、ささない鍼で施 ...

2

こころとからだをしっかりと支える施術 ・細やかなカウンセリングに始まり、脈やお腹の状態などから詳しく診断 ・あなたに合った最善の方法を導き出します ・身体の源になる「気」・「血」・「水」を整えて根本的 ...

3

冷え・不妊などあなたのお悩みによもぎ蒸し! 当院の特徴 ・鍼灸師こだわりの本格派よもぎ蒸し ・奈良県東吉野村のよもぎ農家から直接仕入れた厳選されたよもぎのみを使用 ・鍼灸師があなたの体質に合ったよもぎ ...

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.