体質改善鍼灸

こころとからだをしっかりと支える施術

・細やかなカウンセリングに始まり、脈やお腹の状態などから詳しく診断

・あなたに合った最善の方法を導き出します

・身体の源になる「気」・「血」・「水」を整えて根本的にお身体を改善

こんな方におすすめ

  • 冷えが気になる方
  • 子宮筋腫や生理不順など婦人科疾患をお持ちの方
  • なかなか改善しない痛みやしびれに悩まれている方
  • 元気がない方ややる気がでない方
  • 産後ケアをしたい方

当院の特徴


当院は、○○式やオリジナルではなく、昔から受け継がれている十四経の診断法でお身体を改善していきます。ただちょっと違うのは、ささない鍼をツボに当てる(かざす)方法で治療をしています。

 

 

そろそろ鍼灸で根本的にお身体を見直してみませんか

-ツボの役割-
人間の体には代表的なツボだけでも360個あります。
たくさんあるこのツボ達は、それぞれに個性があり似たもの同士で手をつないで道を作っています。
指先から頭への道や頭から足先への道など、体には14本の道があり、それぞれ体に必要な栄養を運ぶ役割があります。
しかし、精神的ストレスや冷え、外傷などによってツボが弱ってしまうと、道がうまく機能しなくなってしまいます。
このままにしておくとやがて滞り、体の不調を自覚するようになります。
当院では、ささない針を使って優しくツボの働きを生き返らせて、道の修復をしていきます。
きれいに整えられて道は、今まで以上にすみずみまで栄養を届けられるようになり、こころもからだも元気になります。
西洋医学では原因が分からない症状や解決できない問題も、道をきれいに整えていくことで解決できることがあります。

 

 

こも池鍼灸院
当院は、本治法と標治法の2段構えの治療でお身体の改善をしていきます

 

step
1
本治法


本=根本という意味があります。
表れている症状の本当の原因にアプローチし根本から断ち切る治療です。
断ち切るといっても手術のようなことではなく、身体のバランスを調節し、本来持っている自然治癒力を高めることで、神経・血管・内臓・筋肉・ホルモンバランスなどの機能を最も良い状態にしていくということです

 

step
2
標治法


症状が出ている場所に直接アプローチしていく治療法です。
通常は、ます本治法をして、そのあとに標治法をしていくというのが当院の治療の流れです。
きれいに仕上がった道(経絡)は、身体のすみずみまで気・血・水といった人間が活動する上においてとても大切な栄養を送り届けることができ、お身体の調子は本来あるべき姿によみがえっていきます。

 

こも池鍼灸院
大昔から人から人へと脈々と受け継がれてきた鍼灸治療は、からだとこころを優しく守ってくれますよ

 

 

◎服装について
できるだけゆったりとした服装でお越しください。
肘より下、膝から下、お腹、背中が出せるような服装が望ましいです。
患者着もご用意していますので、ご利用の際はお申し付けください。

 

 

ご予約

 

 

WHO(世界保健機関)で鍼灸療法の有効性を認めた症状

 

【神経系疾患】神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー
【運動器系疾患】関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)
【循環器系疾患】心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ
【呼吸器系疾患】気管支炎・喘息・風邪および予防
【消化器系疾患】胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾
【代謝内分秘系疾患】 バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血
【生殖、泌尿器系疾患】 膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎
【婦人科系疾患】 更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊
【耳鼻咽喉科系疾患】 中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎
【眼科系疾患】 眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい
【小児科疾患】 小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

更新日:

Copyright© , 2019 All Rights Reserved.