奈良県生駒市にある不妊・体質改善に特化した鍼灸院です

こも池鍼灸院

もこもこ日記【こも池鍼灸院blog】

当院のBlogは、2019年3月から新しくなりました!
2014年から書き始めて約5年間で460記事を公開し、書いたものの公開する機会がなかったものを含めると500記事くらいになります。

これを本にすると1000ページくらいの量になり、かなり分厚い本が出来上がり、例えるならV6の岡田君が主演した映画『エヴェレスト 神々の山嶺』の原作本と同じくらいの厚さです。
ちなみに『エヴェレスト 神々の山嶺』という本は、山に魅せられた人たちの非日常を描いたお話ですが、このBlogはこも池鍼灸院の日常を書いたものです。

鍼が身体に与える可能性は無限大です。
鍼と私の感性が合わされば、いったいどれくらい患者さんにいい影響を与えることができるのか!?
8000m級の山では、酸素ボンベが必要ですが、ささない鍼をツボに当てていたら酸素ボンベは…

やっぱり必要だと思います…
けれども、普段の生活において苦しい時や困難にぶつかっている時には、鍼をツボに当てることで、ひと山乗り越えることが出来ます。

しかし、鍼灸は酸素ボンベのように最終手段として取り入れられるケースがまだまだ多いように感じます。

もっと早くから積極的に取り入れてもらえると身体が良くなっていくスピードも違ってきます。
そのことを多くの人に知ってもらい、できるだけ早い段階から鍼灸を取り入れてもらえるように、このBlogを通してお伝えできればと思っています。

いろんなことを書いていきます(過去のBlogも整理して載せていきます)ので、
これからもたまにはこも池鍼灸院のBlog『もこもこ日記』へ足を運んでくださいね。

険しく見える山道も、少し歩きやすくなるはずです!
もこもこ日記【こも池鍼灸院blog】

新着記事

よもぎ蒸し 不妊鍼灸

2020/1/21

よもぎ蒸しをすると分かる⁉

自分ではあまり体が冷えていないと思っていても、よもぎ蒸しをすると体の状態がよく分かります。   当院のよもぎ蒸しは、季節やその日の体調によって時間を調節しますが基本は30分で行っていますので、先日来られた方もまずは30分間よもぎで体を温めてもらいました。 しかし30分経過しても、汗が出てくる気配がまったくないとのことで時間を延ばして行いました。   自分では冷えていないと思っていても、それは表面だけの感じ方で実は内蔵の方が冷えていることがあります。 当院では体の冷えが分かるだけでなくて ...

続きを読む

不妊鍼灸

2020/1/16

2019年の妊娠率

2019年は59.1%でした。 (4か月以上、週1~2回通われた方が対象です)   2020年は、今まで以上にたくさんの方の期待に応えられるように取り組んでいきます! 奈良県生駒市東松ヶ丘2-5 こも池鍼灸院

続きを読む

不妊鍼灸

2020/1/14

不妊になりやすい5つのタイプ

  東洋医学から診た、不妊になりやすい5つのタイプ   気虚 (脾経の弱り) ・月経周期が短くなる ・呼吸が浅い ・落ち込みやすい ・体の末端が冷えやすい ・疲れやすい   血虚 (肝経の弱り) ・月経周期が遅れがち ・頭痛、めまい、立ちくらみがよくおこる ・肌が乾燥しやすい ・目の下にくまがよくできる ・朝起きるのがしんどい   腎虚 (腎経の弱り) ・月経周期が短い、乱れやすい ・無排卵のことが時々ある ・すぐに風邪をひく ・腰が痛いことが多い ・朝早くに目が覚 ...

続きを読む

不妊鍼灸

2020/1/10

子宮後屈への鍼灸治療

  通常、子宮はおなかの方向へ傾いています。 しかし、子宮膣部が正常な位置にありながら子宮体部が後方(背中側)に傾いて、ダグラス窩方向に落ち込んだ状態になっているものを子宮後屈と言います。   軽度のものは症状がなく気が付かないままの人もいますが、ひどくなると月経痛、腰痛、下腹部痛などを伴います。 また、不妊、流産のリスクが高まるとも言われています。   東洋医学では、子宮後屈になる原因を二つの種類に分けて考えることができます。 ・筋が緊張して骨盤がずれてしまい、それに引っ張 ...

続きを読む

不妊鍼灸

2020/1/15

逆子治療と安産のお灸

逆子とは、子宮の中であかちゃんの頭が横や上、おしりや足が下や横になっている状態です。 妊娠中に逆子になる割合は20%くらいあるそうで、そのままお産を迎えるのは5%くらいと言われています。 自然に治る場合もありますが、逆子にはお灸がよく効きます。   逆子のお灸は、至陰(しいん)と三陰交の経穴(ツボ)がよく使われます。 その理由は、 ・至陰へお灸をすると胎児を上へ持ち上げる作用 ・三陰交へお灸をすると胎児を回転させる作用 それらの働きが逆子を治すと考えられているからです。 しかし、それだけでは逆子 ...

続きを読む

不妊鍼灸

2020/1/9

悪阻への鍼灸治療

妊娠後に最初のトラブルとして出てくるのが悪阻です。   悪阻は妊娠初期(4~13週)にでてきて、吐き気・嘔吐・胸やけ・喉の違和感・胃のむかつき・めまいなどの症状が特徴的です。 病気ではありませんが、精神的・肉体的苦痛が大きくなると日常生活に支障をきたすことがあり、もともと胃腸の弱い方につわりがひどくなる傾向にあります。   悪阻が起こる原因 妊娠すると胎児に栄養が行くように血が子宮内に向かいます。 血(肝)の気が盛んになることで、胃への血(栄養)低下してしまいます。 その結果、胃の働き ...

続きを読む

色んなこと

2020/1/7

2020年診療初め

正月に青森県にスキーへ行った時のこと、想像以上の寒さから夕方には鼻水が止まらくなったけれども、お灸を何個かしていると鼻水が止まりました。 お灸は効きます!   けれども、そのことを知らない人がまだまだいると感じる出来事がありました。 先日、親戚の集まりで、悪阻で苦しんでいるという人にお灸のことを話すとびっくりされていました。 そして、もっと早くに知りたかったと残念がっていました。   お灸は、悪さをした時だけにすえるものではありません… 肩こり、ねんざ、不妊、逆子など様々な症状に効果が ...

続きを読む

2019年11月29日

Copyright© こも池鍼灸院 , 2020 All Rights Reserved.