奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

不妊鍼灸

ぜひ【+鍼灸】を!

2020年12月16日

以前に読んだ本に、おなかの中のあかちゃんは12週目までに、手や足・頭、ほとんどの臓器がつくられて、卵から人になっていると書いてあるのを読んだ時に、なるほど、だから12週目以降になると流産の確立がぐんと減るのかと思いました。

 

しかし、まずは妊娠しないことには始まらない。

多くの方の行動として、

病院に行き、

まずは、タイミング+薬

次のステップは、人工授精+薬+注射

さらにステップアップすると、体外受精+薬+注射+α

できれば、どのところにも鍼灸を+して欲しい。

 

なぜなら、日本産婦人科学会2016年の報告によると、

採卵あたりの妊娠率 7.2%

妊娠あたりの流産率 26.7%

移植あたりの生産(出産)率 14%

ここ数年の目覚ましい技術革新があっても、%は横ばいのようです。

 

%が横ばいになってしまうのは、高度で先鋭的な技術を用いても、それを受け入れる身体が整っていないこともあるのでは??

 

+鍼灸で『妊』気を養って身体を整えることで、妊娠する確率が上がります。

 

西洋医学が諸刃の剣にならないように、

+鍼灸

お勧めします!

 

 

こも池鍼灸院

奈良県生駒市東松ケ丘2-5

 新着もこもこ記事
新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状況になりましたので、再度新規の方のご予約を停止させ...

新規の方のご予約について

4月末に新規の方のご予約を再開いたしましたが、たくさんのご予約をいただ...

新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状態のためしばらく新規の方のご予約を停止していました...

多嚢胞性卵巣症候群への鍼灸治療の考え方

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、 ①月経不順 ②卵巣に小さ...

妊活の山登り、道標は鍼灸

今、妊活をしている方に読んで欲しくてnoteに投稿しました。 『...

妊活に鍼灸と睡眠

鍼灸を受ければ早くに妊娠する可能性が増えます。 なぜなら、鍼灸は...

ひとりひとりのお身体をしっかり診断

  東洋医学では、人は呼吸によって取り入れる「気」と食...

2014~2020年の妊娠率は65.3%

  ケース1)病院で検査をしても異常がなく、原因不明の...

不妊鍼灸 〖施術者と患者さん〗

【主訴】 不妊 冷えと肩こりも気になる 【年齢】 40代 ...

新規の方のご予約について

5月から新規の方のご予約を再開いたします。 ただし、土曜日の予約...

-不妊鍼灸

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.