奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

不妊鍼灸

妊活男子のお灸のススメ

妊活といえば女性がするものというイメージがまだまだ強くありますが、不妊の原因の約半分は男性側にあると言われています。

 

正常精液の基準は、以下のようになります。

総精子数が3900万個以上

前進運動精子が32%以上

形態学的に正常精子が4%以上

 

しかし、

総精子数が3900万個未満なら、乏精子症

運動率が32%未満なら、精子無力症

形態正常精子が4%未満なら、奇形精子症

と分類されます。

 

全体的にみても、精子の数は年々減少傾向のようです。

その原因は正確には分かっていないようですが、精子は酸化ストレスに非常に敏感でとても弱いそうです。

酸化対策として抗酸化物質を摂ることで、精子の数や運動率の改善を図ることができるという研究結果も発表されています。

 

参考までに、抗酸化物質を多く含む食品として、

多い順に

①バナナ

②ニンニク・れんこん

③玉ねぎ・ほうれん草・人参・もやし・アスパラ・椎茸・ゴボウ

④長芋・小松菜・大根・マンゴー・葡萄・パイナップル

となっています。

 

もし、おうちでお灸ができるなら、お灸で精子の状態を良くすることができます。

場所は、おへそから指4本下のところ

 

肘を曲げた時にできるしわの先端

 

この二つはとても代表的なツボになります。

お灸の熱が、少し熱いと感じるくらいが理想的です。

もし、何も感じなければ2・3個続けてすえてみてください。

最初より熱さを感じることができるようになると思います。

 

自宅で簡単に出来ますので、鍼灸院に行く時間のない方にもおすすめです。

 

 

こも池鍼灸院

奈良県生駒市東松ケ丘2-5

 新着もこもこ記事
不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について、noteに投稿

不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について note リン...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5『1年後の春』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4の続き   ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4『冬』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』の続き  ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その6『1年後の夏』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5の続き   ...

出産ご報告

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その2『夏』の続き  ...

出産ご報告

  こも池鍼灸院 奈良県生駒市東松ヶ丘2...

聖火リレーを見に行ってきました

12日に聖火リレーが生駒市でありました。 この機会を逃すともう一...

鍼灸治療に鍼を刺さずにする方法があることを知ってほしいことを”note”に投稿

一般的な鍼治療は皮膚に刺しますが、刺さらない鍼を使った治療法もあります...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その1『春』

これは以前に掲載したものに加筆・修正をしたものです。  ...

-不妊鍼灸

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.