奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

体質改善

未病治とは、どんな状態??

2021年11月4日

未病治とは、まだ病気に罹っていない状態で病気になる前に未然に防いでおきましょう、って感じで用いられることが多いですが、東洋医学の古典には、病に罹ってしまったけれどもまだごくごく初期なので今なら簡単に治すことができますよ、という意味で書かれています。

 

例えば、今日はいつもより少し熱っぽいな〜と思った時の状態が東洋医学では未病の状態で、ここで治すことを未病治と言います。

この状態を放っておくと、段々と症状が悪化して病気になり、治るのに時間がかかるようになってしまいます。

 

コロナの感染が落ちついてきたので、友達と会ったり、仕事が増えたり、今までより忙しくなりがちで、ついつい無理をしてしまうかもしれません。

もし、身体が少ししんどいなと感じたら、早く寝たり食事に気を付けたり、早めの養生が大切です^^

 

 

こも池鍼灸院

奈良県生駒市東松ケ丘2-5有家マンション103

 新着もこもこ記事
新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状況になりましたので、再度新規の方のご予約を停止させ...

新規の方のご予約について

4月末に新規の方のご予約を再開いたしましたが、たくさんのご予約をいただ...

新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状態のためしばらく新規の方のご予約を停止していました...

多嚢胞性卵巣症候群への鍼灸治療の考え方

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、 ①月経不順 ②卵巣に小さ...

妊活の山登り、道標は鍼灸

今、妊活をしている方に読んで欲しくてnoteに投稿しました。 『...

2014~2020年の妊娠率は65.3%

  ケース1)病院で検査をしても異常がなく、原因不明の...

妊活に鍼灸と睡眠

鍼灸を受ければ早くに妊娠する可能性が増えます。 なぜなら、鍼灸は...

ひとりひとりのお身体をしっかり診断

  東洋医学では、人は呼吸によって取り入れる「気」と食...

不妊鍼灸 〖施術者と患者さん〗

【主訴】 不妊 冷えと肩こりも気になる 【年齢】 40代 ...

子宮後屈への鍼灸治療

  通常、子宮はおなかの方向へ傾いています。 し...

-体質改善

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.