奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

不妊鍼灸

妊娠とは名前のない色をつくるようなもの!?

2019年10月8日

これは、以前のblogページに載せたものを修正したものです。

 

青色と黄色の絵の具を同じ割合で混ぜると緑色に

青色と赤色なら紫色に

白色と赤色と黄色を混ぜると肌色(うすだいだい色)に

と、なるけれど、妊娠するためにはどんな色が必要で、どんな色にしたらいいのだろう??

 

おそらく、それは人によって違うんじゃないかな

他の人が同じものを取り入れても、それで同じようにうまくいくとは限らないから

だから、悩んだり落ち込んだり、また悩んだり嫌になったり、でもまた考え込んでしまったりするのかもしれない

 

きっと答えはその人その人に合った名前のない色なんだと思う

妊娠するためには、この色にすればできますという標色はなくて自分だけの名前のない色をつくるという考え方がちょうどいいんじゃないかな

 

こんな色の話を書こうと思ったのは、東洋医学の五色(青・赤・黄・白・黒)という見方があってこれらの色はそれぞれ五臓(肝・心・脾・肺・腎)と関係しているから。

例えば、肺(呼吸器や皮ふ)が弱い人は肌が白い傾向になり、怒り心頭している人は顔が赤みがかったりして、それぞれその人の状態が体のどこかに色として表れてくることから、妊娠する人はどんな色なんだろうかと考えてみました。

 

色をつくるパレット(自分自身の体)はきれいにしておくほうがいい

これが一番大事なことかも

 

追記

こんな感じでHPの不妊鍼灸の方もほんわりと書いていますが、こんな書き方よりも具体的に書いた方が分かりやすく伝わりやすいのではと思い、現在HP不妊鍼灸の文章を考え中です。

 

 
奈良県生駒市東松ケ丘2-5
こも池鍼灸院

 新着もこもこ記事
不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について、noteに投稿

不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について note リン...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5『1年後の春』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4の続き   ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4『冬』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』の続き  ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その6『1年後の夏』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5の続き   ...

出産ご報告

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その2『夏』の続き  ...

出産ご報告

  こも池鍼灸院 奈良県生駒市東松ヶ丘2...

聖火リレーを見に行ってきました

12日に聖火リレーが生駒市でありました。 この機会を逃すともう一...

鍼灸治療に鍼を刺さずにする方法があることを知ってほしいことを”note”に投稿

一般的な鍼治療は皮膚に刺しますが、刺さらない鍼を使った治療法もあります...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その1『春』

これは以前に掲載したものに加筆・修正をしたものです。  ...

-不妊鍼灸
-, , , , ,

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.