奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

お灸セルフケア 不妊鍼灸

妊活に、自宅でも取り入れて欲しい三陰交へのお灸。その理由は!

2019年12月11日

三陰交は、妊活でよく出てくるツボなので知っている人もおられると思いますが、なぜそこまで三陰交は有名なのか!?

 

東洋医学では、妊娠力に必要な力を作るには、肝・脾・腎の三つが大切だと言われています。

ものすごく簡潔に書くと、

・脾は、栄養素の生成を担うところ

・肝は、血の循環を担うところ

・腎は、生殖能力を担うところ

この三つがしっかりと機能していると妊娠しやすいと言われています。

そして、この三つの経絡が交わるところが、三陰交だからです。

三陰交の場所は、教科書的にはここです。

内くるぶし中心から指4本上のところ
*人によって場所が違うので、あくまでも教科書に書いてあるツボの場所です。

 

三陰交は、この一つのツボだけで三つの臓器(経絡)に影響を与えることができる特徴があります。

しかも、この三つの臓器は妊娠力をつける上で欠かせない臓器ばかりです。

それゆえ、このツボは妊活によく出てくるツボで、効果的なツボだと言われています。

ぜひ、お家でもお灸でセルフケアして欲しいです。

 

しかし、この三陰交は、人によっては内くるぶしから指4本上ではないこともあります。(ほとんどの人がそこではないかもと思います)

 

正確な場所にしないと効果が極端に下がりますので、ツボ探しは慎重に!

 

注:妊娠している可能性のある時期や妊娠初期は、流れてしまう可能性がありますので三陰交のお灸はしないでください。

 

不妊鍼灸治療

こも池鍼灸院の妊活・不妊鍼灸 もくじ1 こも池鍼灸院の妊活・不妊鍼灸1 ...

続きを見る

 

奈良県生駒市東松ヶ丘2-5

こも池鍼灸院

 新着もこもこ記事
子宮後屈への鍼灸治療

  通常、子宮はおなかの方向へ傾いています。 し...

新規の方のご予約について

追記 新規の方のお問合せをたくさんいただいていますので、8月9日(火)...

2014~2021年の妊娠率は64.6%

  ケース1)病院で検査をしても異常がなく、原因不明の...

子宮内膜症への鍼灸治療の考え方

子宮内膜症とは、子宮内空以外の場所に子宮内膜が育つ病気です。 子...

多嚢胞性卵巣症候群への鍼灸治療の考え方

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、 ①月経不順 ②卵巣に小さ...

新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状況になりましたので、再度新規の方のご予約を停止させ...

ひとりひとりのお身体をしっかり診断

  東洋医学では、人は呼吸によって取り入れる「気」と食...

新規の方のご予約について

4月末に新規の方のご予約を再開いたしましたが、たくさんのご予約をいただ...

妊活に鍼灸と睡眠

鍼灸を受ければ早くに妊娠する可能性が増えます。 なぜなら、鍼灸は...

新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状態のためしばらく新規の方のご予約を停止していました...

-お灸セルフケア, 不妊鍼灸
-, , ,

Copyright© こも池鍼灸院 , 2022 All Rights Reserved.