奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

不妊鍼灸

母体が冷えると胎児はどうなる⁉

2017年に書いたblogです。

 

相変わらず寒い日が続いています…

この前、登美ヶ丘にある住宅展示場に小島よしおがやってくるというので観に行ってきました。

この日は雪が舞うとても寒い日でしたが、小島よしおがパンツ一枚で『そんなの関係ね~!』ってやると、どっとうけるんですね。

少し前に、「今や子供に絶大な人気を誇る小島よしお」というちょっとした特集番組が放送されていましたが、子どもに大人気なところを目の当たりにしてきました。

 

『ぴゃ~』もうけていました。

それを撮っていた妻のスマホの待ち受け画面が、ある時から『ぴゃ~』とやっている小島よしおに変わってしまったようです。

本人はどうしてそうなったのか、そしてそれを変更しようにも最近スマホを替えたばかりで勝手が分からず、スマホの電源を入れる寒空の中パンツ一枚で『ぴゃ~』とやっている小島よしおがもれなく迎えてくれるそうです。

 

母体が冷えるとお腹の中のあかちゃんはどうなる⁇

今回は、あかちゃんに注目して書きたいと思います。

 

子どもはある時期まで(五歳くらい?)まで、お母さんのお腹の中に居るときのことを覚えているらしいです。胎内記憶ですね。

ふとした時に、胎内記憶を話すことがあるみたいで、

例えば、お母さんが『おはよう、今日は何をして遊ぼうか?』って、ぼくに話しかけてくれるのをいつも楽しみにしていたよ。

とか、

私が、お母さんのお腹の中に居るときに、お母さんが手でトントンってリズムをとりながら歌をうたってくれる時間がとても好きだった。

けど、いつも途中で眠くなって寝てしまうから最後まで聞けなかった歌は、こんな歌だったんだね。

とか。

 

でも、逆子になっていた場合は、『寒かった』と言われてしまうかもしれません。

 

お母さんの体が冷えると、お腹の中のあかちゃんも寒さを感じて居心地が悪くなるのかもしれません。

通常は、産道を通りやすいように頭を下にしているけれども、寒いと『寒いの、そんなの関係ない!』なんてことにはならなくて、寒さをしのぐためにくるくると温かいところを求めて移動していきます。

たどり着いたところがお母さんの心臓近く。心臓は血液が他の場所よりいっぱいあるから温かい。

これがいわゆる逆子です。

母体が冷えると、逆子になる可能性があります。

東洋医学では、逆子は母体の冷えが原因と考えられています。

なので、なるべく身体は冷やさないようにしておきたいものでが、しかし、もし逆子になっても鍼やお灸で治すことができます。

逆子の治し方

胎内記憶で『お母さんのお腹の中は温かくて居心地が良かった』と言われるようにね!

 

 

奈良県生駒市東松ケ丘2-5

こも池鍼灸院

 

 新着もこもこ記事
不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について、noteに投稿

不妊鍼灸治療の施術法「気のリンク」について note リン...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5『1年後の春』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4の続き   ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その4『冬』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』の続き  ...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その6『1年後の夏』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その5の続き   ...

出産ご報告

患者さんの妊娠・出産までのお話 その3『秋』

患者さんの妊娠・出産までのお話 その2『夏』の続き  ...

出産ご報告

  こも池鍼灸院 奈良県生駒市東松ヶ丘2...

聖火リレーを見に行ってきました

12日に聖火リレーが生駒市でありました。 この機会を逃すともう一...

鍼灸治療に鍼を刺さずにする方法があることを知ってほしいことを”note”に投稿

一般的な鍼治療は皮膚に刺しますが、刺さらない鍼を使った治療法もあります...

患者さんの妊娠・出産までのお話 その1『春』

これは以前に掲載したものに加筆・修正をしたものです。  ...

-不妊鍼灸

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.