奈良県生駒市の不妊・体質改善に特化した鍼灸治療院

こも池鍼灸院

不妊鍼灸

妊活をする上でやって欲しこと(タイミング方の場合)その2

2021年8月26日

前回は、基礎体温の重要性妊活をする上でやってほしいこと(タイミング法の場合)を書きましたが、今回はそれに合わせて意識してほしい頸管粘液についてです。

 

頸管粘液は、排卵が近くなるにつれて増えて、排卵前にピークを迎えその後急速に減っていきます。

そのため、妊娠しやすい時期の目安になりますので、基礎体温表と合わせて頸管粘液も意識してみてください。

 

なぜ、排卵付近に頸管粘液が増えるのか?

普通、膣内は胃の中と同じで酸性です。

胃では、食物の消化や菌の殺菌が行われるように、膣内でも菌の殺菌が行われていますが、それでは、精子も死んでしまいます。

そのため、頸管粘液を出して膣内をアルカリ性に変えて、精子の運動を助けて卵子と受精しやすい環境に変えるためです。

 

もし、頸管粘液が少ない人や排卵誘発剤を使うようになってから減ったという人は、卵子と精子が巡り会えていない可能性があります。

 

鍼灸では(私の場合)、足の内側の状態で判断できます。そして、改善していくことができます。

鍼灸で妊娠力が養えます。

 

 

こも池鍼灸院

奈良県生駒市東松ヶ丘2−5 有家マンション103

 新着もこもこ記事
新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状況になりましたので、再度新規の方のご予約を停止させ...

新規の方のご予約について

4月末に新規の方のご予約を再開いたしましたが、たくさんのご予約をいただ...

新規の方のご予約について

ご予約が取りにくい状態のためしばらく新規の方のご予約を停止していました...

妊活の山登り、道標は鍼灸

今、妊活をしている方に読んで欲しくてnoteに投稿しました。 『...

多嚢胞性卵巣症候群への鍼灸治療の考え方

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは、 ①月経不順 ②卵巣に小さ...

妊活に鍼灸と睡眠

鍼灸を受ければ早くに妊娠する可能性が増えます。 なぜなら、鍼灸は...

ひとりひとりのお身体をしっかり診断

  東洋医学では、人は呼吸によって取り入れる「気」と食...

不妊鍼灸 〖施術者と患者さん〗

【主訴】 不妊 冷えと肩こりも気になる 【年齢】 40代 ...

新規の方のご予約について

5月から新規の方のご予約を再開いたします。 ただし、土曜日の予約...

2014~2020年の妊娠率は65.3%

  ケース1)病院で検査をしても異常がなく、原因不明の...

-不妊鍼灸

Copyright© こも池鍼灸院 , 2021 All Rights Reserved.